読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親は一億パーセント間違っている

怒りを抱えている方、それを自覚していない方、一緒に怒りましょう!

愛と言う名の暴力

こんにちは、呉田・アングリー・美歌です。

よく、「愛ある鞭」とかって言いますよね。それって、暴力を振るう側の勝手な論理だと思います。そりゃあ、人に怪我させたり、意地悪をして傷つけるようなことをしたら拳骨の一つも必要かもしれません。ですが、やる気がないとか、無気力とかというので、「闘魂注入」とばかりに暴力を振るうのは、ただ単に指導者が自分の指導力不足を露呈しているとだけだと思います。

よく、「今の子はちょっと怒鳴ったり、拳骨したくらいでやる気をなくす」と言いますが、そりゃそうでしょう。失敗したりしたら、自分だって、ああ失敗したと思い落ち込むのですから、そんな時に

「なんだあの失敗は! 本当にお前はダメだな!」

と、いくら叱る側が「強くなって欲しい」と思って言ったとしても、落ち込んでいる気分に追い打ちをかけるようなものです。

前にも書きましたが、数十年前は、まだ共同体が機能していて、先生に拳骨を落とされても、近所のおっちゃんやおばちゃんが「そんなの気にするな!」などと、フォローしてくれる体制がまだあったから、暴力や、脅しのような指導(これを指導とは呼びたくないですが)でも、なんとかなっていたのです。

沖田×華さんが、

モンスターペアレンツというのが増えているのは、自分が子供のころに理不尽な扱いを教師から受けて、そのせいで教師に不信感や憎しみを持っている親が増えたからじゃないのか」

と仰っていましたが、私もそう思います。

「愛があるから暴力でも相手は分かってくれる」

というのは、

「愛あるレイプだからいいんだ」

と言っているようなものだと思います。

愛があろうがなかろうが、暴力を受けたほうからしたら、ただの暴力です。

子どもといえども自我があるのです。何となく理不尽な扱いを受けたと思っても、周りが

「お前が悪いからだよ!」

と言われると、「自分が悪いのかな?」と思いつつも、どこかで、「いや、自分は悪くない」という思いがあり、そこで苦しい思いをするのです。

子どもにやる気を出させる方法は色々あるでしょうが、私が本やコンサルで学んだのは。ああしろこうしろと教える側が指示するのではなく、子供や生徒に問いかけ、

「こういう場合はどうしたほうがいいと思う?」

と、子供や生徒自身に考えさせる、という方法だと思います。

勿論、それに助言をするのは必要ですが、重要なのは自分で考え、自分で答えを出すということです。

今、日本の国力が低下しているのは、そういう、上から教えられたことばかりを何も考えずに飲み込んで、自分で考えるという訓練をしていないからだと思います。それでは新しいアイディアや、楽しく仕事しようという自律性を持った大人は生まれないでしょう。

子どもはただ大人の言うことを聞いていればいいという考え方は間違っていると思います。

救急搬送+足首捻挫

こんにちは、呉田・アングリー・美歌です。

昨日はブログ休んじゃいましたが、実は救急車で病院行って、疲れてたからです。

病状というか、特に脳や心臓や血液に異常はなかったのですぐ帰ったんですが。

料理の準備をしていたら、卒倒してひっくり返って、母が

「手が痙攣していた気がする」

と言って心配していたので、救急車を呼んで、病院に行きました。真っ直ぐになったまま後ろに倒れ、呼びかけにもすぐ応えなかったらしいです。

救急車は呼んだらすぐに来てくれて、隊員さんもきびきびした対応で、手を握ってくれとか、名前はなんですか、とか訊かれました。

四人がかりで運ばれて、ストレッチャーに乗せられて、救急車に。

救急車は思ったより狭くて、私一人の幅と、もう一人座る幅くらいしかなかったです。なんか色々機械があって、指先にクリップみたいなのを挟まれて、血圧を測られたりして、機械に自分の血圧や心電図が出てるの見て、不謹慎ながら、「ドラマみたーい」と呑気に思っていました。

それから病院に到着して、救急治療室へ。先生や看護師さんに名前を確認。光で瞳孔の開き具合とか、指を見るとか、マジで「あー、ドラマだー。テレビで見るのと同じだー」とまた呑気に思っていました。

血液検査と点滴を打たれることになったんですが、デブ+血管細いらしいせいか、中々針が血管に入らず、入っても血が出てこなかったり、点滴が入らなかったりで、三か所針刺されました。しかも、よく聞く「針を入れられた後に血管を探られる」というのやられまして、かーなり痛かったです。まあ、私がデブなのがいけないのですが。

脳のCT撮って、心電図とって、血液検査の結果、特に異状はなし。どういう病気(という言い方が適当かは解りませんが)かは言われませんでしたが、多分、脳貧血だと思います。

「経過観察で入院する?」と言われましたが、大丈夫そうだったので、点滴も途中でやめて帰りました。

今日も特に異常なしなので、多分大丈夫だと思います。

 

それと、昨日こけて足首を捻って、捻挫しました。

昨日、病院から戻るまでは何もなかったんですが、夜になったら痛み出して、今日は歩くのがすごく大変でした。歩けないので、母に車で近くの接骨院まで送ってもらいました。

そこで診てもらったら、早くても治るまで三週間かかると言われ、ショック!

なぜなら明日、好きなミュージシャンのライブに行く予定だったからです。足を曲げて歩けるなら行こうかと思ったんですが、どんな風に歩いても痛くて仕方ないので、断念。

ライブ自体は座って見れるのですが、そこ行くまで結構歩かなきゃいけないので。

あー、悲しい!

家の中での移動も大変なので、祖母が使っていた杖を使っています。

これで、ちょっとだけ年寄りの気持ちが解ったような気がします。

人は見た目が100%

こんにちは、呉田・アングリー・美歌です。

この題名のドラマをやっていますね。主演が美人女優なので、ちょっとモサくして、綺麗になってよかったね、で終わりでしょ、と思って見る気は一ミリも起きませんが。

ですが、この言葉はある意味で気持ちいいと思います。

確か、「人は見た目が九割」とかって本ありましたよね。あれって、「一割は違うからね!」て逃げてるのが丸分かりですからねえ。どうせなら100%くらい言い切ったほうが気持ちいいと思います。

一応、私は人は見た目が全てではない、と思っていますが、恋愛面においてはほぼ100%だと思います。特に女性はそうです。女性が見た目で選ぶ、ではなく、見た目で選ばれる、という意味です。

「でもブスだって結婚してるじゃん」

と言われるかもしれませんが、結婚となると、ただ単に「可愛い」「綺麗」だけではなく、「一緒にいて落ち着く」とか、「自分程度にはこのくらいの女がお似合い」という妥協であったり、「家事ができるか」「子育てできるか」という「能力」の面も見られるので(このように「お手伝いさん」を雇うがごとく結婚を決めるのはいかがなものかと思いますが)、見た目が全てではないでしょう。

ですが、恋愛においては、見た目がかなりのウエイトがあります。

それが悪いとは言いません。私だって、デブでチビで清潔感のないキモメンより、俳優並みのイケメンとは言いませんが、清潔感のある爽やかな男性がいいと思いますから。

長い目で見れば見た目だけではダメでしょうが、合コンで北川景子似の美女と、山田花子のような女性がいれば、絶対に皆北川景子に行くでしょう。

そういう時にブスに寄ってくるのは美女に相手にされない一番不細工な奴です。それか、「この程度の女ならやれるだろう」と思っている奴です。そういう時の惨めさは経験した人にしか解らないでしょう。

「ブスなんだからそのくらい我慢して妥協しろよ」

と言われるかもしれませんが、それ自体がブス差別です。ブスでも、勉強したり、努力をして、それなりに矜持を持っています。それをただ、「見た目」という、「生まれ」で、自分の努力ではどうにもならないことで踏みにじられるのです。

私も経験しましたが、集団面接で私のようなモサい不細工は申し訳程度に質問され、可愛い子は突っ込んだ質問をされていて、明らかに私のことなんてスルーでした。その時の悔しさたらなかったです。

よく、「ブスは内面を磨け」と言いますが、糞喰らえですね、この言葉。

ブスはブスというだけでその内面を見て貰えない、という残酷な現実を無視し、「ブスだからモテない、愛されない」という不満を圧殺しようという言葉だからです。

確かに、全て見た目のせいにして努力を怠るのはいけないでしょうが、実際ブス差別は根強いのですから、それを無視して、個人の努力不足にするのはいかがなものでしょうか? 内面を磨く努力を放棄したくなるほど見た目で差別される現実を皆もっと認識するべきです。

それなら、「人は見た目が100%」と、内面より外面を磨くほうが手っ取り早いでしょう。同じ1000万かけて留学したり習い事をしたり本を読んだり資格を取って内面を磨くより、全身整形してスタイル抜群の美女になったほうがよっぽど効果抜群です。

第一、内面、内面、と言いますが、内面て何ですか? 知性ですか、気づかいですか、優しさですか。

「見た目」ですら個人の好みが分かれるのですから、「内面」なんてもっと好みが分かれるでしょう。んな訳の解らないもんを磨いたって効果薄いんですから、やる気出るわけないのが、どーーーーーーーーして解らないんでしょう?

ま、こういう奴らって「自分より劣った奴に正論言っていい気分したいだけのオナニー野郎」でしょうから、私は「お前こそ人に言える顔か、バーカ!」と思っていますが。

こういう奴らにこそ芸能界に入って、自分より美しい人が沢山いう状況に放り込まれ、テレビで「こいつブスwww」と言われて、ブスがどんな目に遭っているか分かって欲しいものです。

何も言えねー

こんにちは、呉田・アングリー・美歌です。

明日が二次面接です。緊張はあんまりしていないんですが、やっぱり何話せばいいのか解らないです。

まあ、訊かれたこと答えるしかないですよね。

バカだから仕方ない! と開き直っていくしかないでしょう。

バカ正直とバカは同じですがね。

昨日のブログでも書きましたが、こういう、嘘ではないけど本当でもない、みたいなこと言って、自分を良く見せることってすっごい苦手です。

自己アピールしなさいと言われても、何アピールすりゃいいの? と思います。

もうちょい考えれば、自己アピールという名の、「あなたは私の会社に何してくれるの?」ていう問いかけへの答えなんですけど、そこまで頭が回らず、ただ単に、

「私ってこんなにすごいんですよ!」

みたいなことばっか言っちゃうんですよねえ。

これってやっぱり、発達障害のせいなんでしょうか?

昔っから、自分のことばかり話す癖あるんで、本当になんとかしたいですよ。

普通の会話で緊張してないなら、聞き手に回ったり、相手に質問したりして、それなりに喋れるんですけど、こういう改まった場になると全然ダメ。

後、面接で苦手なのが、「何か質問がありますか?」ていうの。

ぶっちゃけ言っちゃえば、「給料それなりに良くて死ぬほどきつくなさそうだから来たから、しらねーよ」て感じなんですけど、それ言っちゃおしまいだから言えないですけど、今回は塾だから、「どんな生徒さんが来られるんですか?」が無難なところかなー。

最初にそれ説明されたらアウトだけど。

あんまり意地悪な質問されませんように。

言葉にできない

こんにちは、呉田・アングリー・美歌です。

この前受けた塾の講師の一次面接は受かり、二次面接が水曜日にあります。

2時間くらい時間取られるらしいんですが、二次面接は特に試験とかないらしいんで、2時間なに喋りゃいいんでしょう?

まあ、訊かれたことを正直に答えるしかないでしょうね。

バカだから嘘つけないし。

それに、私統合失調症の認知機能障害からか、物忘れ、というか、話に整合性をとることがすごく難しい。

話し出して、急に話題変えちゃうとか頻繁です。このブログ書いてても、よく話外れますからねー。割と推敲できる文章ですらそうなんですから、長々話してたら、自分で

「私何言ってるの?」

て、自分で自分が解らなくなることが度々。

特に、面接とかで、ありがちな「志望動機は?」みたいのだったら、それなりに答えられるんですけど、「あなたはやる気のない生徒さんにどうやってやる気を起こさせますか?」みたいな質問されたら、多分、訳のわからないことをダラダラ言いそうな気が。

自分で自分の言ってることが分からない。最近、なんでもコミュ力コミュ力って言われてて、私のような人間には地獄のような時代です。

じゃあなんで塾なの? 塾ってコミュ力要りそうじゃん、と言われそうですが、発達障害精神障害のコミュ障って、言葉の裏が読めない、みたいなのが多いんですよ。

で、塾って、生徒さんの要求って比較的はっきりしてるんですよ。

「この問題分かりません」「これってどうやって解いたらいいんですか?」

みたいな。保護者の方との面談はしたことないですけど、多分、親御さんのニーズもはっきりしてて、

「うちの子の英語勉強させてください」「数学をなんとかしたい」

みたいなのだと思うんですよね。そんな風にニーズがはっきりしてたら、それなりに対応できるんです。

以前、携帯ショップの店員みたいなのの面接受けに行って、

「うちには「スマホ持ったほうがいいんですか?」みたいな人が来ますが、それに対応できますか?」

みたいなこと言われて、向こうが求める条件と私が違うのもありましたが、それは無理だなと思って、辞めておきました。

発達障害とか精神障害のある人は、嫌いな言い方ですが、所謂「空気を読むこと」が苦手です。

でも、「空気」がはっきり「言葉」にされれば対応がなんとかできます。

もし、発達障害精神障害ある人の対応に困っている人いたら、「これくらい分かるだろう」と思わず、はっきりと直裁な言葉で伝えるようにしてみたらいいと思います。

お互いに不要な「怒り」「不満」を持つことのない世の中を願っています。

クレーマー・クレーマー

こんにちは、呉田・アングリー・美歌です。

怒った時とか、クレームとか、どうしていますか? 大概の人は我慢しちゃうと思います。私も我慢しちゃいますね。

この前、とあるカフェでスイーツの盛り合わせ頼んで、その一つがフォンダンショコラだったんですが、それが全然フォンダン、まあ、柔らかくなかったんです。フォンダンショコラって、中にとろーりとしたチョコクリームが入っていて、あったかくて美味しいですよね? それが外側もかっちかちで、中にも板チョコみたいなのが入ってる状態だったんです。多分、冷凍されてたのが殆ど解凍されずに出されたんだと思うんですよ。その時、お店満員で店員さんすごい忙しそうだったから、裏はもっと忙しくてオーブンが動いてないとか、調理時間が足りないとか手が回らないんだろうなあー、とか思って、固いフォンダンショコラも、そういうチョコケーキかと思って特にクレームはつけませんでした。

なんか、クレームって上手くつけられないんですよね。怒り一辺倒でもダメですし。

「僕はアスペルガー症候群」という漫画では、主人公がクレーマーになってしまっていますが、発達障害者で、私のように上手くクレームをつけられない、怒れない、て人いると思います。

モンズースーさんが、「私は「助けて」が上手く言えなかった」と仰っていましたが、自分の気持ちを表すのが、口で上手く説明できないんです。それが積もり積もって、「癇癪」という形で現れるのだと私は思います。

これは別な時に話そうかと思いますが、母親は私のことを「生まれた時から反抗期」などと呼んでいますが、私は本当の意味で親に反抗したことはありません。未成年なのにお酒を飲むとか、タバコを吸うとか、家に帰らないとか、非行集団と仲良くなるとか。細かい癇癪は起こしていますが、本当に親に対して怒りを爆発させたことはありません。

怒るのってエネルギー要りますよね。もう、三十も半ばに差し掛かりつつあって、親にエネルギー使うのって勿体ないな、て感じてて。でも、私が親に抱えてる怒りは親にぶつけなきゃいけないかなあ、と思ってもいるんですよね。親も親で私に怒っているでしょうけど。

昔やってたドラマ思い出しました。室井滋心療内科で人の心の問題を解決していく、てやつなんですが、嫁姑の問題で、それを解決させるのに、嫁姑それぞれに壁に粘土のボールをぶつけさせながら、お互いへの不満を叫んでいくんですよ。それによりお互いへのわだかまりを失くす、というものでした。

ドラマなので画的に面白い物として表現されたもので実際にはないのかもしれませんけど、こういう治療をしてくれるところがあれば母親と行きたいな、と思いました。

親を信用していない、と言った私ですが、やはり親を嫌いになりたくないし、信用したい、ていうのがあるんですよね。

私もいいカウンセラーた自助グループに入るべきかもしれません。

一次選考終了

こんにちは、呉田・アングリー・美歌です。

今日は塾の講師の面接と筆記試験を受けてきました。

面接はまあ、悪くはないかなー? て感じだと自分では思うんですが、筆記試験が・・・。

英語と国語と社会を受けました。英語と国語はまあまあ上手く行ったと思うんですが、社会がボロボロでした。歴史系はまだ上手く行ったんですが(富岡製糸工場を富田と間違えましたが)、地理と公民が全くダメ。フィヨルドリアス式海岸はなんとか解ったけど、それ以外が全然。公民に至っては、日本国憲法の三大原則はと訊かれて、「人権」「法の下の平等」としか答えられませんでした。こんなことも答えられないままに人に怒っていてはいけませんね。

社会って案外役に立つ情報とかあるんで、勉強し直したいです。

スターありがとうございます!

応援されているようで嬉しいです。

明日も違う会社の面接で6時起きなんで頑張ります!