死にぞこないの唄

一度死にかけて帰ってきました。

発達障害と塾

こんにちは、呉田美歌です。

今日は発達障害を持つ子が塾に通うことについて書きます。

塾講師の立場から言わせていただきますが、発達障害を持つお子さんの場合、塾に通う以前の問題を抱えている場合が多いと思います。

授業中に無断で立ち歩いたり、他の子にちょっかいを出したり、勉強をしなかったり。

塾講師をしていて、色々なお子さんを目にしますが、学力が低くて勉強ができない子と、脳に障害があり集中ができない、うまく脳で勉強の処理ができない子は明らかに違います。勉強が出来なくても勉強をしようという学力の低い子の指導はなんとかなっても、障害があり、勉強をする姿勢すら整っていない子の指導には骨が折れ、余りいけないことですが、他の子に比べてきつめに当たってしまうこともあります。プリントを渡してもやりたくないから床に捨てたりされて、

「捨てるな!」

とキツメに言ったことがあります。そして、言いたくはありませんが、講師からも「この子はちょっと」と言われたりします。

はっきり言いますが、塾でもそういう子は浮きます。

私の勤めている塾は個別指導で、一人の講師で最大6人の生徒さんを受け持ちます。そんな少人数でも、発達障害を持っている子は浮いています。

私も中学生のころ、集団指導の塾に通っていましたが、浮いていて、いい嘲笑の的でした。

休み時間中の人の話し声が耐えられず、背を向けて壁を見つめていたら、それを見つけた子に

「呉ちゃあ~ん、何してるのぉ~?(笑)」

と、一々ちょっかいを出されて、不快な思いをしましたし、黙っているのに、壁に向かって話しかけている頭のおかしな子、とまで言われました。

話しかけられても、からかい目的なのが解って無視をしたら、

「話しかけたくて話しかけてるわけじゃないよ」

とも言われたことがあります。

私が彼らを殴ったり悪口を言ったりしたのなら分かります。でも、私は何もしませんでした。ただそこにいるだけで嘲笑の的にされたのです。

音声動画でも触れましたが、学校でもばい菌扱いされ、その一挙手一投足をからかわれ嘲笑されました。

学校でも浮き、塾でも浮き、嘲笑の的にされる。家では家でちゃんとしろと怒鳴られる。その辛さが分かりますか?

そして、これもはっきり言います。仮にいい先生に恵まれ、勉強はできるようになったとしても、障害その物が改善するとは言い難いです。勿論、勉強ができるようになって、成功体験を得てそれがいい影響を与えることもあるでしょうが、障害自体への治療や教育をしなければ、その子は人間として成長できません。

私がそうです。

小学校のイジメが元で中学は殆ど不登校で、家庭教師に勉強を見てもらい、20点しかなかったテストの点は50点以上伸びましたが、人間としての成長はできませんでした。

高校はなんとか通えましたが、性質の悪い連中に目を付けられ、バカにされ続けました。

大学は同級生より、ライブや追っかけで作った友達や知り合いとだけ仲良くしていたので楽しかったですが。

塾にいる生徒さんで多動の気がある子で、勉強は好きで頑張るのですが、講師や他の生徒さんに向かって暴言を吐いたりする子もいます。

私は気にしませんでしたが、私に向かって「ケツデカクソばばあ!」と言って来たり。

言ったのは7・8歳くらいの子でしたし、私が太っていることも若くないことも事実なので「はいはい、デブデブ、ばばあばばあ」とやり過ごしましたが、これが同じくらいの年の子やちょっと年上の子に「○○ちゃんでぶ!」と言えば、喧嘩になったり、泣かせたりなど、トラブルの元でしょう。実際、少し年上の子(その子も多動の気があるのですが)、その子に生意気なことを言ってほっぺたを抓られたりしていました。私も最近は注意するようにしているのですが、まだそれは収まりません。

最初のころに比べればだいぶ落ち着いたのですが、他人事ながらこの子は将来どうなるのかと思います。今はまだ子供が言うことだから大目に見られても、高学年になるとそうとも行きませんから。

それに、これからの時代は学歴だけでなく、人間力というのも重視されます。

人間力」をどう定義するかは難しいところですが、少なくとも社会性の乏しいまま成長した発達障害者が苦労をする時代であることは間違いありません。

私は別に、発達障害児を塾に通わせるな、と言いたいわけではありません。

ただ、塾に通わせる前に病院に行き診断を貰い、専門家の然るべき教育を受けながらの、補助的なものして考えるべきでしょう。塾に行って勉強ができるようになりさえすれば全て大丈夫というのは甘い幻想です。

繰り返しますが、学校での「勉強」と人間としての「勉強」は違うものだと考えましょう。

そして、「人間としての勉強」を教えなければいけないのは誰でしょうか?

これを読んでいる方なら解るはずです。

 

発達障害のある方。、発達障害を持つお子さんを持つ親御さんの無料スカイプ相談を受けています。

私は医師でも療法士でもないので、発達障害の診断や、発達障害への具体的な対処法はアドバイスできません。

ですが、一緒に考えることはできます。

私が相談に乗りたいと思っているのは、自分自身や、お子さんの未来について考えている方です。

ですので、「可哀そうな私を慰めて欲しい」というだけの方はお断りしています。

興味がある方はstael.recamier@gmail.comまでどうぞ。

相談に際しての不安がある場合も、遠慮なくどうぞ。

相談に際していただいた情報は、許可なしに口外することはありません。

もし、「これは有益な情報なので、共有したい」と思ったら、必ず許可をいただき、プライバシーを尊重して共有します。

ですので、安心して、相談に来てください。