死にぞこないの唄

一度死にかけて帰ってきました。

びっくり

こんにちは、呉田美歌です。

今日は、発達障害ではない話題をします。

TWITTERをしていて、それから流れてきたツイートで

深澤真紀さん「森友問題の背景には日本スゴイ系の番組がある。80年代から2000年代にはそういう番組はなかった。逆に『そこが変だよ日本人』とかあった。或いは世界を知るような番組があった。今は厚切りジェイソンさんが「米国にも四季がある」というとカットされたり」

 

というようなのが流れてきて、驚愕した覚えがあります。

今の若い人は知らないでしょうが、私が中高生だったころ、「一般外国人」と称した人たちが、日本の悪口を言いまくるクソ番組が「ここが変だよ日本人」という番組でした。「一般外国人」と言っておきながら、実は他の番組で芸人として出ていた人がいるのを、私はしっかりおぼえていますが。

子供ながら、見ていて胸糞の悪い番組でした。

別に、日本を批判するなというわけではありません。私だって日本の社会には言いたいことが山ほどあります。外国の方から見た日本批判というのも面白いでしょう。

ですが、この番組に出ていた外国人たちは、今で言う上から目線で日本をクソ味噌にけなし、

「こんなにおかしい国は日本だけ!」
「日本人は国際感覚がない!」

などと、罵倒しまくりでした。

日本がそんなにおかしい国なら、なぜ住んでいる? とっとと違う国に行くなり、自国に帰るなりすればいいでしょう。そんなおかしな国に住んでいる自分たちもおかしいと気づいていないのでしょうか?

この番組に出ていた小学生が

「そんなに嫌なら日本から出ていけばいい」

と言っていましたが、私もその意見に同意でした。

繰り返し言いますが、日本を批判するなというわけではありません。批判するにしろ、もう少し言い方や態度があるだろうと言いたいのです。

私だって、今の「日本すごい系」の番組を見ていて気持ち悪いと思います。

ですが、こういう番組ができる時代情勢というものがあるのです。

この深澤さんという方の80年代はバブル絶頂で日本はイケイケ、2000年代も不況とはいえ、アジアトップの座を守っていました。

だから、少々日本の悪口を言っても揺るがない自信がありましたし、今のネトウヨの跋扈が信じられないくらい左傾化した雰囲気で、戦争について語ろうとしただけで

「平和の敵!」

とみなされる雰囲気だったのです。

しかし、今の日本は経済力はとうに中国に追い抜かれ、見下していたアジア諸国にも追いつかれ、世界の目は日本ではなく、アジア諸国に向いています。

はっきり言ってしまえば、日本は落ち目の国なんです。

そういう状況なので、自信が揺るぎ、文化や技術など、日本の独自性が打ち出せるものに誇りや自信を見出そうとしているのです。

だから、「日本大好き!」と言う外国人にホッとしたり、「日本てこんなにすごい所があるんだよ」と言われると、崩れかけたプライドがくすぐられるのです。

私はこれをよしとしません。現実は着実に日本は衰退の道を辿っています。現実から目を逸らし、夢想にふけっているばかりではいけません。現実を見つめ、そこからどう日本は自分の立ち位置を作るかを考えなければいけません。

ですが、そういう日本の状況を考えずに、表層をだけを見て、

「今の日本はおかしい!」

と、自分たちの若いころがいかに狂っていたのかを忘れ、

「俺の若いころはなあ、日本はちゃんとしていた!」

と、違う意味で「日本すごい」と日本賛美をしている矛盾に気が付いていない。

80年代を賛美するなんて、どうせバブル世代だろうな、と、この発言をした深澤真紀さんのプロフィールを見ると、1967年生まれ、どんぴしゃのバブル世代でした。

私はバブルの恩恵を受けた世代ではありませんが、1990年前後の崩壊するちょっと前までの記憶はあり、テレビでジュリアナ東京という盛り場で、あられもない恰好で乱舞する女性たちがいたのをしっかり覚えています。

あの頃の日本がいかに狂っていたか、私より前の世代の大人はよく覚えているでしょう。

若くて金もないくせに外車やブランド物を買ったり、高級ホテルに泊まったり、女性はメッシー君、アッシー君と男性を虫けらのように扱っていました。

さらに、一昔前に

「ちょい悪親父はモテる」「艶女アデージョ)」

などと言い、

「自分たちはまだまだイケてる!」

と思い込んだ気持ちの悪いオジさんやオバさんたちは、まさにバブル世代でした。

老いや衰えを素直に受け入れ、自然に枯れていく。日本や東洋は老いに関して比較的寛容で、

「年取ったらおしまい!」

と思い込んでいる人たちより、そういう人たちのほうが遥かに魅力的でモテるでしょう。

別にオジさんやオバさんがお洒落をするなとは言いませんが、その年その年にある味わい、渋み、知性などで勝負をするべきでしょう。

いい年こいたオッサンが若い娘とのセックスに鼻息荒くしているのほどみっともないものはありません。

そんな人たちに「今の日本は」「今の若者は」などと言う資格はありません。

こんな表層しか見れない人がコラムニストやコメンテーターをやっているのですから、日本はある意味で確かに終わっています。

それに、外国人に日本の悪口を言われ、

「そうですよね、日本っておかしいですよね」

と、外国人にすりよって喜んでいる人たちが私には信じられません。

あなた方は何人ですか?

今でもネットなどで

「日本はおかしい! こんな変な国日本だけ! 日本人の国民性は最悪!」

と喧伝している日本人がいますが、そういう人だって外国人から見れば日本人でしょう。

自分はそんなおかしな国に住んでいるのに、自分だけ「おかしな日本人」と見られない自信がおありなのでしょうか?

くどいですが、日本を批判するなとは言っていません。ただ、日本を批判、いえ、罵倒する外国人や日本人に激しい違和感を覚えるのです。

これならまだ「日本最高!」と無邪気に喜んでいる人たちのほうが可愛らしく見えます。ネトウヨだって、それなりに常識のある人たちなら、「こいつらおかしい」と思えその病理が分かり易いだけに、まだマシだろうとさえ私は思います。

いつまで経っても外国が外国がと、外国からどう見られているかばかり気にしている日本人。

外国人の意見だって貴重ですが、それは飽くまで参考として考え、日本の考えや立場は自分で決める。

そういう意志の強さを日本人は持つべきではないでしょうか?

 

発達障害のある方。、発達障害を持つお子さんを持つ親御さんの無料スカイプ相談を受けています。

私は医師でも療法士でもないので、発達障害の診断や、発達障害への具体的な対処法はアドバイスできません。

ですが、一緒に考えることはできます。

私が相談に乗りたいと思っているのは、自分自身や、お子さんの未来について考えている方です。

ですので、「可哀そうな私を慰めて欲しい」というだけの方はお断りしています。

興味がある方はstael.recamier@gmail.comまでどうぞ。

相談に際しての不安がある場合も、遠慮なくどうぞ。

相談に際していただいた情報は、許可なしに口外することはありません。

もし、「これは有益な情報なので、共有したい」と思ったら、必ず許可をいただき、プライバシーを尊重して共有します。

ですので、安心して、相談に来てください。