読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親は一億パーセント間違っている

怒りを抱えている方、それを自覚していない方、一緒に怒りましょう!

キモさが有り余る

こんにちは、呉田美歌です。

ゲスの極み乙女。が活動再開するらしいと聞き、不愉快な思いをしています。

なぜか?

あの川谷のキモい顔を見なければならないからです。

皆さん大人なのか、批判には「復帰時期が早すぎる」と言っていますが、素直になりましょう。

「てめえのキモい顔二度と見たくねえんだよ! メディアに出てくるんじゃねえ!」と。

いやあ、こいつの顔、マジやばいでしょ? これで本人イケメン気取りなんだから笑えます。顔の造形自体が良くないのは仕方ありませんが、カリスマ性もオーラもないブサキモじゃないですか。しかも、「生理的嫌悪をもたらす」が付くレベルの。こんな人がメディアに出てチヤホヤされるんですから、芸能界ってすごいんですねえ。

私のこの発言を「中傷」と捉える人もいるかもしれませんが、私だって一般の人や、漫画家や小説家などの顔を一般に晒すことのない、特に顔の良し悪しが関係のない職業の人だったらこんなイジメみたいなこと言いません。ですがこいつは一応、「ミュージシャン」です。人前に立つ仕事をしているのです。ルックスだって売上に関係のある職業です。こいつが美形でなくても「かっこいい」男であれば、私も多少は評価を変えるでしょう。それくらいルックスが関係している職業ですし、第一、公に向けて何かを発表すれば何かを言われるのだから、それを覚悟で出ていくべきだと思います。私も実名で音声動画を公開していて、良くも悪くも大して反響ありませんが、自分の過去のことや実家を晒されたり、中傷される可能性も覚悟でやっています。そんな覚悟もなく、

「ぼくちゃん才能あるから芸能界で一発大金持ちになって女にモテモテになるー☆」

と思って出たのなら、バカとしか言いようがありません。

ベッキーも下手打ったもんです。これから彼女と恋愛関係になる男性が出てきたとして、あの川谷と「兄弟」になってしまうのですから、いい男やまともな男は寄ってこないでしょう。そこだけは同情します。

第一、こいつは罪深いです。関わった女全て不幸にしただけでなく、

「不細工は誠実で一途」

という「神話」を壊したのですから。

よく、「不細工は心が綺麗」などと言いますが、そんなことはありません。不細工だろうが美形だろうが、心が綺麗な人は綺麗、醜い人は醜いです。見た目の良し悪しと中身の良し悪しには一切関連性がありません。

しかし、世の中の不細工としては、見た目で美人やイケメンには対抗ができず、「内面」で勝負するしかないので、「不細工は心が綺麗」という「綺麗ごと」を流布しているのです。私もそれが悪いとは言いません。そういう「神話」がなければやっていけないと不細工の一人として私も思いますし。

しかし、こいつの言動は酷いです。醜いです。不細工です。

既婚であることを隠し独身アラサー女に近づき、そいつといい雰囲気になったら、今まで支えてくれた糟糠の妻をポイ捨てしようとし、LINEで人間性を疑われるやり取りをし、それが世間にバレても悪びれることなく「オフィシャルになるだけだよね」などと言い、それがまたバレて相手の女がボコボコに批判されても庇う気配などなくだんまりを決め込み、自分は話題性で曲売れてウハウハ。記者会見開いて開き直る度胸もないくせに、ライなど自分を崇めてくれる奴らに囲まれている時だけ調子に乗り「誰に謝ればいいんだ」などとうそぶいたり、後はSNSでチマチマ言い訳。

これだけパーフェクトに中身も不細工だと言える人間も珍しいですね。女の子には「こんな男にだけは引っかかるな」、男の子には「こんな男にだけはなるな」と教える、ある意味で生きた教材かもしれません。

で、更に私を不愉快にさせるのはこいつの「作品」です。

音楽関係者や音楽ファンはこいつの才能を絶賛していますが、本当にこいつ才能あるんですか? 私はこいつの音楽に拒否反応しか示しませんでしたが。

まだゲスがこれで騒ぎになる前に、「これからはゲスの極み乙女。が来る!」という掲示板の書き込みを目にし、どんなもんかYOUTUBEで聞いてみましたが、余りのキモさに30秒も聞けませんでしたよ。それが、あんまりに才能あり過ぎて音楽が作りこみ過ぎててキモい、というのではありません。川谷の声と歌い方がもう、生理的に受け付けませんでした。それに、何もかもが小手先で作ったようなペラペラさ。軽薄としか言いようがない音楽としか、私には感じられませんでした。

「若い人にはこういうのが受けるのかしら?」

くらいにその時は思いませんでしたが、こいつの言動を知り、軽薄な人から作られたのだから、軽薄な音楽なんだな、と確信しました。

顔もキモい、言動もキモい、作品もキモい、まさに「3K」です。

ファン批判はできるだけしたくありませんが、こんな奴をいまだに崇拝してる奴らってなんなんでしょうね?

「えのぴょんは世間から不当な扱いを受けている天才なの!」

などと、あたかも自分が才能が故に普通に生きられない孤高の天才になったつもりで川谷に自己投影しているこれまたキモい奴らなんでしょうね。

もしこれをファンが見て何か言ってくるかもしれませんが、別に私はあんたらがゲス川谷を応援し続けることもCD買うことも何も言いませんよ。SNSで応援するようなコメントをすることもね。ただ、それについて何を感じるか、ゲス川谷を好きだという権利がそちらにあるのなら、彼を嫌いだという権利がこちらにもあることを知って欲しいですね。

ま、この程度才能が絶賛されるんだから、日本音楽界が衰退してるのは明らかですね。

洋楽やマイナーな邦楽しか聞かない私には関係のない話ですが、一応B'zやCOCCOから洋楽を知ってはまった身としては、少しさびしいものがあります。

 

PDFを作ったので配布しています。

発達障害を持った子供を持つ親子がどうなるかを小説で書きました。

バッドエンドですが、私としては読んでもらう方にこっちのほうがいいと思ったので。

もし、安易にハッピーエンドにしたら、あなたに「頑張ればどうにかなる」という誤解を起こし、現実から目を逸らし、あなたの子育てや人間関係が上手く行かなくなり、人生が楽しくなくなる可能性があります。

バッドエンドにすることで、あなたの中にある負の感情に気づき、向き合い、「子供を可愛いと思えなくなることがある」「子育てがしんどいことがある」ということに気づき、子どもとしっかり向き合えるようになり、子育てが楽になり、あなたの人生が楽しくなります。

https://ws.formzu.net/fgen/S75281705/

↑のリンクから名前とメールアドレスを登録していただければ、PDFを配布いたします。

名前は下の名前だけでも、ニックネームでも構いません。

アンケートやコメント等は強制ではありませんが、発達障害の人の役に立つブログにしたいので、お答えしていただけたら幸いです。