親は一億パーセント間違っている

怒りを抱えている方、それを自覚していない方、一緒に怒りましょう!

私の適職

こんにちは、呉田・空気クラッシャー・美歌です。

自分の適職について考えてました。

先生には、あなたは言語性知能が高いし、外国語ができるんなら、翻訳家がいいんじゃないかと言われました。

昔から憧れてはいたんですけど、やっぱり、普通の会社に就職するより、フリーランスで1人でやった方が性質的にもいいかもと思います。

だって、外国語の能力を活かせる職場です、とかって書いてあっても、密なコミニュケーションが必要とか、外国の顧客相手のコールセンターとか、コミュ障には地獄としか思いないようなこと書いてあるんですよね。

入ったら案外上手く行くかもしれませんが、この歳で入って失敗したらもうダメですし、年齢的に上司が年下とかでしょうからね。

三十半ばの新入社員を一から教育、てメチャクチャめんどくさいでしょうし。

それに、皆でコミニュケーションとりながら足並み揃えて一つのプロジェクトに進んで行く、て自分にできそうもないです。

私は絶対足引っ張っるのが目に見えるようです。

そう考えて、こんなクズにはできる仕事ないから死んだ方がいい、て考えになっちゃうんですよね。

まあ、またここら辺は先生に相談してみますわ。