死にぞこないの唄

一度死にかけて帰ってきました。

しんみり

こんにちは、呉田・空気クラッシャー・美歌です。

今日、一人の生徒さんが塾を辞めました。

ちょっと、いや、かなりエキセントリックな子でした。

詳細は明かせませんが、ちょっと多動入ってるかな、と思わせる子でした。

学校に友達いるの? と訊いたら、いない、と言っていて、学校でもかなり浮いた存在だったようです。

授業も好きなことには没頭しますが、苦手な算数などは一切やらない。

先生とトラブルを起こすこともありました。

私はこの子を見ると、昔の自分を思い出すようで、密かに心配していました。

病院やカウンセリングに行っているのならいいでしょうが、行っていないのなら、この子の未来は暗いだろうな、と思いました。

私はバイトの塾講師なので、面談をしたりする権限はないし、ただてさえ人とのコミニュケーションが下手なのですから、下手なこと言って相手を怒らせる可能性もあるので、何も言えませんでした。

私にできることはその子の担当になった時、できるだけ話を聞いてあげるとか、そのくらいでした。

この塾を辞めた後、この子がどうなるかは分かりませんが、適切な教育に導かれ、社会に居場所を見つけることができることしか、祈ることができません。