死にぞこないの唄

一度死にかけて帰ってきました。

入院日記

*入院していた時に書いた日記です。その日その日あったことをダラダラと書いたものですので、細かい突っ込みはご遠慮ください。

 

八月某日

今日、T先生と面談。またノートを見ながら色々話す。とても優しい先生なので、色々と励ましの言葉をくれる。とりあえず退院の日を決める。来週の土曜日の午後。色々不安はあるが、これ以上いても出られなくなりそうだし。病院じゃなくても、家でも少しゆっくりしたいし、料理もしたい。病院の食事は私が食べられる優しが少ないので、もっと野菜が食べたい。
とりあえずは、衰えた体力を元に戻すことを考えよう。

八月某日

今日、ものすごく眠たかった。生理が近いからだろうか? 昼間、6時間は寝ていたような気がする。そのせいか体がだるい。肩や首がバッキバキに凝る。頭もぼーっとして、軽い頭痛もする。寝過ぎなんだろうけど、寝なかったら寝なかったで頭ボーっとするし、厄介だ。

八月某日

母と一緒に外出。カフェでデザートを食べて、デパートを歩く。欲しかったタイプのカバンが買えた。カフェのデザートも美味しかったし、満足。
昨日、今日と本を少しも読まなかったのが気がかり。無理をすることはないけど、やっぱり焦ってしまう。いけない。

八月某日

今日、T先生と面談。急だったからびっくりした。少し眠かったので水を飲む。また色々と話す。退院後の通院日とロールシャッハテストの予約をする。心理士さんが少ないらしく、10月になった。
退院の日時を決める。聞いたけど忘れたので、後で看護師さんに確認する。
お風呂に入るまでの間に人と話す。1才違いの人は少し変わっていたが、自分で自分のコントロールが利かないことに苦しんでいるようだった。夜にその人が自分の部屋に入ることを嫌がり、薬を飲むことを嫌がっているようだった。医療従事者でもない人間が首を突っ込むことはできないので、少し様子を見ていたが、ヤジウマのようだったのでやめた。早く彼女にも心穏やかに過ごせる日が来ますように。